神さまのいない日曜日最終巻。本日発売。

ついに、来るときが来てしまいました。

神さまのいない日曜日最終巻。本日発売です。

いやー、ながかった。本当に長かった。なんと四年ですからね

その間に、いろんなこともありました。コミック、アニメ、そして完結と、およそ作家として経験しておくべき事柄を、この作品はひとつで叶えてくれました。本当に感謝です。あの最終刊が書けたことは、僕の人生のなかでも大きな出来事のひとつになりました。

なので、ここからまた新しく初めて行こうと思います。

とりあえず今は新作を仕上げております。(魔法の子とは別です。申し訳ないですが、あちらはその後に動く予定です)題して「王女コクランと願いの悪魔」。

えー、こちら僕の最高傑作になります。おそらく二度と書けないレベルの話でしょう。是非、手に取ってみてください。(発売はおそらく秋になります)

最終巻が終わっても人生はつづく。ではでは、またあいましょう。