神さまのいない日曜日。角川文庫版、発売。

 告知! 神さまのいない日曜日の角川文庫版が、きたる五月二十五日に発売となります。いえい!

 とはいっても、既存の読者さん的には「なんで?」と思われることでしょう。
 なので今回はそのことについてお答えしようと思います。

 最大の理由はアニメ化なのですが。それ以前から「神ないはもうちょっと別の売り方できないだろうか?」という意見が編集部内であったようで(最初に本を出すときに「単行本で出してはどうか」みたいな意見があったとかなかったとか)その流れがこうして日の目を見た形となったのです。

 展開は特に変わっていません。文章自体は二割ちかく変えているはずですが。おそらく読んでも気づかないと思います。イメージを保ちつつ、読みやすくしましたからね(えっへん) 既存の読者さんてきにはそのあたりの変化が楽しめるのではないでしょうか?


神さまのいない日曜日  墓守の少女 (角川文庫)