ドラマCDとアフレコの話

あまりに感動したので書かずにはいられない!

アフレコに、行ってきたのですよ。
神ないドラマCDの。
それがもー本当にすげくてですね。
生で聞いた声優さんの演技は寒気がするほどすばらしく、とくに豊崎愛生さん演じるアイの『あのひどいフルボッコシーン』では『これは警察だな』と危うく通報しかけました。(まあ、この場合捕まるのはたぶん僕ですが)
ほかにも後藤邑子さんのハナの解釈はすごくよかった!イメージ以上とはまさにあのこと、危うく卒倒しかけた!傷持ち役の能登麻美子さんもすごく危うかった!ぼく本当に危うかった!

男性陣では藤原啓治さんがかっこよくてねぇ……あれも危うかったなぁ。聞いててすごく気持ちいのよい声でした。(※今回ハンプニー役の浪川さんだけ別録りでした)

いやーよかったなー。よかった。ほんとよかった。

…………あれ?これ完全に僕の「よかった帳」ですよね。まあいいや。
今日はもう、本当に、うれしかった。すごかったってことだけ書こっと。

録音中は、なんとなく投稿時代を思い出したりもしましたねぇ。(しみじみ)
誰にも頼まれてないのに書いて、誰にも頼まれてないのに送って、「不毛」の体現みたいな事をやっていた当時の自分に、今の状況を教えてやりたいなーとかね。

おお、やる気出てきたぞ。書こう書こう。
そんなわけで今日はここまで、ばいばい。
(それにしてもこれ、本当にただのよかったメモだなぁ)

ドラマCD 神さまのいない日曜日

ドラマCD 神さまのいない日曜日